2015年01月21日

オーストラリアで活躍する日本人たち 第1回 田中 Gough沙知さん

オーストラリアに単身でやってきて、勉学に励み、仕事や家族をみつけて
この地で生きていく事を選んだ日本人を応援するコラムです。


初回は
クィーンズランド州タウンズビル市(Townsville)在住の 田中Gough 沙知さん(30歳)です。

沙知さんは東京出身で、2014年6月にオーストラリア軍に勤めているブライアンさんと結婚されたばかりです。

20150120132616fa3.jpg


20150120135304f96.jpg


いつ、オーストラリアに来たのですか?


 初めて来たのは2009年の時で、ワーキングホリデービザ(以下、ワーホリ)でした。
セカンドビザも取り、2年滞在した後、一度日本に戻り再就職しました。
当時から付き合っていた、そして夫と結婚するために、昨年6月に、来豪しました。

なぜオーストラリアを選びましたか?

コアラやカンガルーなどの動物が好きだったので、
小さい頃から「外国なら、オーストラリアに行きたい」と思っていました。
23歳の頃、ニセコのスキーリゾートでアルバイトをしていたのですが、
たくさんのオージーが来ていました。
その時は英語がほとんど話せなくて、話せる人が羨ましかったですね。
それで25歳の時にワーホリで、初めオーストラリアに来たのです。

最初はオーストラリアで何をしましたか?


英語学校に通いました。「電子レンジ」という単語すら知らないくらい、
英語ができなくて、毎晩泣いていました。
ホストファミリーのママに「Sachiは(こんなに英語ができないのに、)
オーストラリアに単身で来てすごいわ。
”You are so brave.”勇気があるわね。」と褒められました。
呆れていたのかもしれないですけれども。(笑)

  続きを読む


Posted by カンガルーちゃん at 09:00Comments(0)オーストラリアで活躍する日本人たち